フラッシュ脱毛に不向きな肌

あなたは大丈夫?フラッシュ脱毛に不向きな人はこんな人

フラッシュ脱毛の仕組みは、毛穴の奥に潜む細胞や毛の「黒色」に反応する光を当てて脱毛するという方法です。
そのため、よほど肌の色が黒いという方は、残念ながらフラッシュ脱毛を行うことはできませんが、しかし、フラッシュ脱毛を行うためにいろいろと工夫をすることもできるのです。

 

色黒の人は注意!でも施術OKな場合も

 

まず、色黒の人というのはほとんどが光を吸収しやすい肌質にあるのです。

 

よく日焼けをすると、いったん真っ赤になってから黒くなり、しばらく経つと皮が剥けてもとの肌色に戻りますよね。しかし、肌が光を吸収しやすいと赤くならずすぐに肌が黒くなってしまうのです。

 

こういった人にはフラッシュ脱毛はオススメできません。
フラッシュ脱毛の光が反応し、火傷をしてしまうという危険もあるからです。

 

ですが、まったくフラッシュ脱毛ができないというわけではありません。
フラッシュ脱毛は、個人の痛みや肌の状態・毛の状態によって照射する光の強さを変えられます。

 

少し色黒という人なら、カウンセリングでスタッフのOKサインが出ればこうしてフラッシュ脱毛を受けることができます。

 

最近では脱毛機もそうした人でも使えるように進化をしているので、広い肌質に対応しているサロンなどであれば脱毛できる可能性が高いです。

 

ミュゼや脱毛ラボなどで用いられているSSC脱毛がその代表です。
肌の色が気になっている女性は、そうしたサロンでカウンセリングを受けてみるといいですよ。

 

こんな人がフラッシュ脱毛に向かない

色黒の人のほかにも、こんな人はフラッシュ脱毛に向かないようです。

 

全体的に毛が非常に細かったり、黒や濃い茶色ではなく金髪や白い毛が多いという方。
やはり黒色に反応するフラッシュ脱毛では、毛の色素が薄いとどうしても反応しづらくなってしまいます。
ですから照射する光を強くしなければならなかったり、そのために痛みを感じてしまうことも。

 

フラッシュ脱毛はメリットも非常に多いのですが、やはりこのように向かない人もいるのが事実。

 

ですが、アトピーやひどい乾燥肌という肌荒れをしやすい人でも、フラッシュ脱毛を受けられるのが嬉しいところ。
肌の強さ弱さ関係なく施術を受けられるため、非常に多くの方に愛されているのですね。